処理水の海洋放出 IAEAも監視

風評被害対策前提で処理水を海洋放出、IAEAも監視=菅首相

(ロイター) 2021/04/13 08:47

 4月13日、菅首相は「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚会議」で、福島第1原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含んだ処理水について、政府を挙げた風評被害対策を前提に2年程度後に海洋放出すると表明した。写真は3月、都内で代表撮影(2021年 ロイター)

 4月13日、菅首相は「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚会議」で、福島第1原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含んだ処理水について、政府を挙げた風評被害対策を前提に2年程度後に海洋放出すると表明した。写真は3月、都内で代表撮影(2021年 ロイター)

(ロイター)

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉首相は13日、「廃炉・汚染水・処理水対策関係閣僚会議」で、福島第1原子力発電所で増え続けるトリチウムなど放射性物質を含んだ処理水について、政府を挙げた風評被害対策を前提に2年程度後に海洋放出すると表明した。国際原子力機関(IAEA)などが監視する。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る