エネルギー基本計画を閣議決定

政府、エネルギー基本計画を閣議決定 再エネ30年度に36―38%へ

(ロイター) 2021/10/22 13:40

 10月22日、政府は、国のエネルギー政策の方針を示す「第6次エネルギー基本計画」を閣議決定した。写真は太陽光発電施設。神奈川県で2016年3月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

 10月22日、政府は、国のエネルギー政策の方針を示す「第6次エネルギー基本計画」を閣議決定した。写真は太陽光発電施設。神奈川県で2016年3月撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

(ロイター)

[東京 22日 ロイター] - 政府は22日、国のエネルギー政策の方針を示す「第6次エネルギー基本計画」を閣議決定した。30年度の再生可能エネルギーの割合を36―38%(従来計画22―24%)に大きく引き上げ、再エネの主力電源化を進める。再エネや原子力など温室効果ガスを排出しない脱炭素電源の比率を59%にする一方で、石炭など化石燃料の比率は41%とした。

続きを読む

新着トピックス一覧

政治のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る