gooニュースアプリなら速い、見やすい

京アニ事件で救護 医師の思い

京アニ事件で負傷者救護「最大限尽くしたが…」 現場で活動医師の思い

(京都新聞) 2019/12/03 10:47

京アニ事件の現場で、高度救急救護車に負傷者を運ぶ救急隊員。車内では医師が治療に当たった(7月18日午後0時15分、京都市伏見区)

京アニ事件の現場で、高度救急救護車に負傷者を運ぶ救急隊員。車内では医師が治療に当たった(7月18日午後0時15分、京都市伏見区)

(京都新聞)

 京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、救護活動などに当たった京都第一赤十字病院(東山区)救急科部長の竹上徹郎医師(49)が、京都新聞社の取材に応じた。現場での活動を振り返り、「最大限のことをしたが、もっとできることがあったのではと考えてしまう」と語った。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る