乳がん兆候を 娘の思い託す夫婦

乳がん自己触診で早期発見を 娘亡くした花岡さん夫婦 県内58高校に腫瘍診断モデル贈る [大分県]

(西日本新聞) 2019/05/15 06:00

乳がん自己触診で早期発見を 娘亡くした花岡さん夫婦 県内58高校に腫瘍診断モデル贈る [大分県]

乳がん自己触診で早期発見を 娘亡くした花岡さん夫婦 県内58高校に腫瘍診断モデル贈る [大分県]

(西日本新聞)

 2014年に乳がんで長女美穂さん=当時(36)=を亡くした大分市の建築士花岡治さん(69)、静代さん(69)夫婦が14日、乳がんの兆候を触って確認できる触診モデルを県内の全58高校に寄贈した。「早期発見の大切さ、命の大切さを知ってもらうことが美穂と私たちの一番の願い」。約5年間闘病し、必死に生きようとした美穂さんの思いを託している。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

OCNからのおすすめ