先生の分も 思い継ぎ詩舞日本一

がん再発で断念、師の思い継ぎ日本一  「先生の分も」涙浮かべ

(福井新聞) 11月20日 08:23

アルバムで村崎なを子さんの剣詩舞を懐かしむ服部絹代さん(右)ら宗生流の会員=福井市下森田町の宗生流剣詩舞道総本部道場

アルバムで村崎なを子さんの剣詩舞を懐かしむ服部絹代さん(右)ら宗生流の会員=福井市下森田町の宗生流剣詩舞道総本部道場

(福井新聞)

 福井市で10月に開かれた剣詩舞の全国大会で、同市の宗生流剣詩舞道総本部から5人が出場し、服部絹代さん(66)=同市=ら3人が詩舞の年代別部門で初優勝した。大会には5人と同じ流派で、同様に地区予選を勝ち抜いた女性師範も出場予定だったが、がんの再発で断念。大会から8日後に亡くなった。女性と師弟関係にあった服部さんは「優勝してほっとした。先生の分も頑張れたかな」と涙を浮かべた。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る