30分250円 住民が困りごとお助け

「ちょっとした困りごと」地域住民が“有料”でお助け

(神戸新聞) 2019/02/11 07:30

依頼会員の内田佐代子さん(左)の頼みで買い物を済ませた協力会員の池本民江さん=尼崎市猪名寺1

依頼会員の内田佐代子さん(左)の頼みで買い物を済ませた協力会員の池本民江さん=尼崎市猪名寺1

(神戸新聞)

 ちょっとした困りごと。近所の人を頼りたいけど気を使う…。そんな悩みを住民が少しばかりの「有料」で解決する取り組みが今月、兵庫県尼崎市の猪名寺地区で始まった。30分250円で手助けを依頼できる「ちょっと困りごと支え合いの会」。買い物代行、病院の付き添い、電球交換など、何でも依頼でき、手伝う側の住民に報酬が入る。これまでに約140人が会員に登録している。(小谷千穂)

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る