男性保育士 30年経て見えたもの

第1号の男性保育士、30年経て見えてきたもの

(西日本新聞) 02月12日 09:19

保育士歴30年の浦浩三さん。「子どもたちは日々成長していきます」

保育士歴30年の浦浩三さん。「子どもたちは日々成長していきます」

(西日本新聞)

 保育士不足が深刻化している。福岡県久留米市も例外ではなく、保育所に入れない待機児童数は59人(昨年4月時点)で、保育所定員を満たしていないにもかかわらず、人材難を理由に入所を拒まれている。市立大城保育所(同市北野町)で主任保育士を務める浦浩三さん(58)は数少ない男性保育士。「もっと“男性参画”が進めば、保育士不足の解消にもつながるのでは」。30年間、保育現場に身を置くことで見えてきたものもあるという。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る