消えぬ恐怖 沖国大ヘリ墜落15年

ヘリが飛ぶたび身構え 昔の記憶がフラッシュバック 消えぬ恐怖 沖国大ヘリ墜落15年

(琉球新報) 2019/08/13 06:30

琉球新報

琉球新報

(琉球新報)

 1982年7月20日、住民が寝静まった午前0時半ごろ、米軍普天間飛行場所属の米兵4人が乗ったヘリコプターUH1Nヒューイ1機がエンジントラブルで、具志川市(現うるま市)高江洲の民家からわずか10メートル先のサトウキビ畑に突っ込んで不時着した。乗員2人がけがをした。炎上はなく住民への人身被害はなかったが、ヘリは使用不能となった。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る