秋田の季節ハタハタ漁 150トン減

<季節ハタハタ漁>漁獲枠の56%止まり 資源減少「予想以上」

(河北新報) 02月13日 10:26

資源量の減少が推測されているハタハタ=2017年12月、男鹿市の船川港

資源量の減少が推測されているハタハタ=2017年12月、男鹿市の船川港

(河北新報)

 秋田県内のハタハタ漁のうち、「季節ハタハタ漁」の今季漁獲量(速報値)が前季比150トン減の242.9トンと不漁だったことが県のまとめで分かった。漁獲枠430トンに占める割合は56.5%で、1993年の禁漁解禁後で最低を記録した。県水産振興センター(男鹿市)は海洋環境や他県の状況などを分析し、不漁の原因を調べる。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る