震災6年5カ月 189柱いまだ帰れず

<震災6年5カ月>遺骨189柱 帰れぬ盆 身元不明、引き取り手なし…保管長期化

(河北新報) 08月13日 11:08

身元不明などの遺骨6柱を保管する仙台市葛岡墓園管理事務所の遺骨安置室。月命日などに宗教関係者らが供養に訪れている

身元不明などの遺骨6柱を保管する仙台市葛岡墓園管理事務所の遺骨安置室。月命日などに宗教関係者らが供養に訪れている

(河北新報)

 東日本大震災から7度目のお盆を迎える岩手、宮城、福島の被災3県沿岸市町村のうち、身元不明などで親族の元に帰れず、自治体が預かる犠牲者の遺骨が岩手、宮城両県に189柱あることが、河北新報社の調べで分かった。震災から6年5カ月がたち、身元確認の困難さが増す一方、判明しながら引き取る人がいないケースもある。自治体は慰霊塔整備など安置の具体化を進めている。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る