津波被災の大槌町旧庁舎、姿消す

津波被災の大槌町旧庁舎、姿消す 意見割れるも解体終了

(共同通信) 2019/02/20 17:51

岩手県大槌町旧役場庁舎の解体作業が終わり、残された慰霊のための献花台や地蔵=20日午後

岩手県大槌町旧役場庁舎の解体作業が終わり、残された慰霊のための献花台や地蔵=20日午後

(共同通信)

 東日本大震災の津波で当時の町長と職員計28人が犠牲となり、存廃を巡り住民の意見が分かれた岩手県大槌町旧役場庁舎は解体作業を終え、建物が姿を消した。20日、現場を訪れた和歌山市の40代女性は「残してほしかったが、いろいろな思いがあると思うので軽々しく意見は言えない」と話した。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る