絶滅危惧種ウミガメ高知沖で発見

絶滅危惧種ウミガメ高知沖で発見 定置網にかかり、専門家が調査

(共同通信) 2019/06/26 12:03

高知県黒潮町沖で見つかったオサガメ=24日(むろと廃校水族館提供)

高知県黒潮町沖で見つかったオサガメ=24日(むろと廃校水族館提供)

(共同通信)

 高知県黒潮町沖約2キロの定置網に、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定する世界最大級のウミガメ「オサガメ」がかかっているのが26日までに見つかった。傷や衰弱した様子はなく、専門家が調査後、海へ戻した。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る