gooニュースアプリなら速い、見やすい

明智光秀 謎の出生地に新説か

謎の光秀出生地に新説、岐阜でなく滋賀? 新たな古文書発見

(京都新聞) 2020/01/15 10:00

「光秀の出生地を記した最古の史料」と江侍聞伝録に注目する滋賀県教委の井上さん(大津市瀬田南大萱町・県立図書館)

「光秀の出生地を記した最古の史料」と江侍聞伝録に注目する滋賀県教委の井上さん(大津市瀬田南大萱町・県立図書館)

(京都新聞)

 前半生が謎とされる戦国武将明智光秀の出生地について、滋賀県多賀町中央部の「佐目」と明記した1672(寛文12)年編さんの古文書「江侍聞伝録(ごうじもんでんろく)(禄)」が、県立図書館(大津市)で確認された。同様の記述は、同一著者とみられる貞享年間(1684〜88年)の「淡海温故録(おうみおんころく)」にもあるが、江侍聞伝録はそれより古く、調査をした県教育委員会の専門家は「成立年代がはっきり分かり、光秀の出生地を記した最も古い史料」と指摘している。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る