文豪のきまぐれ行動記した備忘録

文豪・谷崎の迷惑行動に「閉口」

(山陽新聞) 08月12日 23:31

 第2次世界大戦末期の1945年に津山市内に54日間疎開していた谷崎潤一郎(1886〜1965年)の様子を記した備忘録が残されていることが分かった。谷崎の気まぐれな行動に、世話する側が右往左往するありさまが明記されるなど、文豪が津山で暮らした一端がうかがえる。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る