トビイロウンカ急増 愛媛で警報

トビイロウンカ急増 県が病害虫発生予察警報 果樹カメムシ類以来23年ぶり

(愛媛新聞ONLINE) 2019/09/11 09:11

 愛媛県は10日、水稲の茎から水分や栄養分を吸い取って枯らせるトビイロウンカが急増しているとして、病害虫発生予察警報を出した。警報は1996年の果樹カメムシ類以来23年ぶりで、トビイロウンカでは初。

新着トピックス一覧

注目のトピックス

OCNからのおすすめ