gooニュースアプリなら速い、見やすい

震災9年半 最愛の妻遺骨引き取り

最愛の妻へ おかえり 震災で不明、大槌の男性が遺骨引き取り

(岩手日報) 2020/09/16 11:30

岩手日報

岩手日報

(岩手日報)

 東日本大震災で家族5人を失った大槌町大町の会社役員三浦憲(あきら)さん(62)に15日、妻裕子(ゆうこ)さん=当時(53)=の遺骨が9年半を経て引き渡された。求めていたDNA型鑑定はかなわなかったが、裕子さんの生前写真との照合など、県警の地道な捜査が後押しした。最愛の妻を胸に抱いた三浦さん。「9年半たってこういうことがあるなんて…。感謝しかありません」と涙を拭った。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

J-anpi

写真ニュースまとめ一覧を見る