自宅療養・待機2カ月で50倍 兵庫

兵庫県内の自宅療養・待機者 2カ月で50倍 神戸市「入院時期保証できず」

(神戸新聞) 2021/05/05 08:30

病院との調整を続ける保健師ら。神戸市では病床が逼迫し、症状が重い患者も自宅待機を余儀なくされているという=4月27日午後、同市役所(画像の一部を加工しています)

病院との調整を続ける保健師ら。神戸市では病床が逼迫し、症状が重い患者も自宅待機を余儀なくされているという=4月27日午後、同市役所(画像の一部を加工しています)

(神戸新聞)

 新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、兵庫県内で自宅での療養、または入院・宿泊療養の待機者が急増し、5月3日時点で計3462人に上っている。兵庫で前回の緊急事態宣言が解除された3月1日時点の自宅待機者と比べて約50倍となり、昨年秋から冬にかけての「第3波」のピーク時に対しても4倍以上。感染力が強い変異株が猛威を振るう「第4波」で、医療体制が追いつかない実情が浮き彫りになった。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス