神職が不足 宮司1人で80社担当も

神職の人手不足が深刻 過疎地の神社、宮司1人で80社担当も 祭りには「助っ人」登場

(神戸新聞) 2022/05/14 11:45

秋祭りの神事でおはらいをする宮司=豊岡市山王町、日吉神社(同市提供)

秋祭りの神事でおはらいをする宮司=豊岡市山王町、日吉神社(同市提供)

(神戸新聞)

 過疎地域で神職の人手不足が深刻化している。面積で兵庫県の4分の1を占める但馬地域には神社が738社あるが、宮司は29人しかおらず、1人平均25・4社を担当する計算だ。特に大変なのが、10月の週末に集中する秋祭りのシーズン。限られた人数では手が回らなくなってきており、都市部の大きな神社から「助っ人」の派遣を受ける試みも始まった。

続きを読む

新着トピックス一覧

地域のトピックス