切ない 小中学生4人が砂浜清掃

ウミガメの死体、ペットボトルキャップをかぶるヤドカリ…切ない気持ちに 小中学生4人が始めた砂浜清掃

(沖縄タイムス) 2021/06/11 06:00

沖縄タイムス

沖縄タイムス

(沖縄タイムス)

 「空き缶1、釣り具1」。毎週月曜夕方、沖縄県南城市知念の海岸で、ごみを分類して数えながら拾う子どもたちの声が響く。コロナ禍に伴う昨年3月の臨時休校期間中から、地元の小中学生4人が始めた砂浜清掃が継続中だ。運動不足解消を目的に始めたボランティアは自然を見つめるきっかけとなり、現在は分別したごみの量を記録して全国的な環境保全団体に報告。4人は「楽しみながらだから続けられる」「家を片付ける感覚」と自然体で語る。(南部報道部・松田興平)

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス