北海道で新種の恐竜化石 白亜紀

北海道で新種の恐竜化石 白亜紀、細長いかぎ爪が特徴

(共同通信) 2022/05/11 00:41

「パラリテリジノサウルス・ジャポニクス」の復元画(服部雅人氏提供)

「パラリテリジノサウルス・ジャポニクス」の復元画(服部雅人氏提供)

(共同通信)

 岡山理科大と北海道大などのチームは10日、北海道中川町の約8300万年前(白亜紀後期)の地層から見つかった恐竜の化石が、長いかぎ爪が特徴のテリジノサウルス科の新属新種と判明し、「パラリテリジノサウルス・ジャポニクス」と命名したと発表した。ギリシャ語とラテン語で「日本の海岸にすむテリジノサウルス」を意味するという。

続きを読む

新着トピックス一覧

地域のトピックス