誤食で激痛 毒キノコが奥入瀬に

奥入瀬渓流で毒キノコ「ドクササコ」 青森県内で初確認

(デーリー東北) 2021/10/14 10:10

デーリー東北

デーリー東北

(デーリー東北)

 十和田市の奥入瀬渓流で、毒キノコの「ドクササコ」が青森県内で初めて見つかったことが13日、分かった。専門家によると、誤食すれば手足の先端部が腫れ、激痛が1カ月以上も続く中毒症状が表れるという。食べられる「カヤタケ」に見た目が似ており、関係者は誤食しないよう警鐘を鳴らす。

続きを読む

新着トピックス一覧

地域のトピックス