聖火走者辞退で別理由提案 長崎

聖火走者辞退で別理由提案、長崎 女性蔑視に反発の大学院生へ

(共同通信) 2021/03/01 17:14

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言を受け、長崎県佐世保市の大学院生の女性(26)が聖火ランナーを辞退し、県が理由を「諸般の事情」や「組織委への不満」とするよう提案したことが1日、県と本人への取材で分かった。県の担当者は「本人のことを思い、中立的な表現が良いのではないかと考え提案した」と釈明した。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス