gooニュースアプリなら速い、見やすい

息子を見たい 視細胞移植に期待

出産前に失明「似ているという息子の顔見たい」 iPS視細胞移植へ「治療法ない」から希望の光

(神戸新聞) 2020/09/16 07:19

「見えるようになった時のため、子どもの写真や動画を撮影しておいてと夫にお願いしています」と話す前川裕美さん=宝塚市内

「見えるようになった時のため、子どもの写真や動画を撮影しておいてと夫にお願いしています」と話す前川裕美さん=宝塚市内

(神戸新聞)

 「私に似ているという息子の顔を見てみたい」。もし視力が回復したら何を見たいかと尋ねると、失明した母親はすぐに答えた。神戸アイセンター病院で始まる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた視細胞移植。当面は安全確認が主目的だが、対象になる難病「網膜色素変性症」の患者には、希望の光が差し込んでいる。

続きを読む

新着トピックス一覧

注目のトピックス

OCNからのおすすめ