落下し動けず 戸塚は3回目を棄権

スノボ男子HP 16歳の戸塚が2回目の試技で落下…動けず担架で搬送 3回目は棄権

(スポニチアネックス) 02月14日 11:09

平昌冬季五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)決勝2回目で戸塚優斗(ヨネックス)が転倒、担架で運び出され、3回目を棄権した(ゲッティ=共同)

平昌冬季五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ(HP)決勝2回目で戸塚優斗(ヨネックス)が転倒、担架で運び出され、3回目を棄権した(ゲッティ=共同)

(共同通信)

 ◇平昌冬季五輪 スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)

 平昌五輪は14日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、日本からは前回ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、16歳の戸塚優斗(ヨネックス)の3人が出場。戸塚は2回目の試技で転倒し、動けなくなってしまうアクシデントに見舞われた。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る