プロ捕手の打撃成績 なぜ悪い

なぜ捕手は打てない?

(週刊ベースボールONLINE) 2017年12月11日 11:03

なぜ捕手は打てない?

なぜ捕手は打てない?

(週刊ベースボールONLINE)

 アマチュア時代にクリーンアップを打ちながら、プロ入り後は打撃に苦しむ捕手は多い。いわゆる“打てる捕手”といえば、古田敦也(元ヤクルト)、城島健司(元マリナーズほか)、里崎智也(元ロッテ)、阿部慎之助(巨人、現在は内野手登録)が近年の代表例だが、現役選手で彼らクラス、つまり、シーズンを通してマスクをかぶりながら、打っても好成績を残せる選手は残念ながら見当たらない。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る