甲子園V投手の「ジンクス」検証

「甲子園優勝投手は大成しない」は本当か…過去20年の成績を分析

(AERA dot.) 03月21日 16:00

甲子園で優勝し、プロでも活躍の田中将大(写真・Getty images)

甲子園で優勝し、プロでも活躍の田中将大(写真・Getty images)

(AERA dot.)

 甲子園優勝投手は大成しない。

 いつからか言われるようになったジンクスである。確かに甲子園優勝投手の中で、プロ通算200勝以上を記録したのは野口二郎(中京商→東京セネタースなど・37年夏、38年春優勝)と平松政次(岡山東商→日本石油→大洋・65年春優勝)の二人だけである。しかし200勝投手がほとんど出現しない現在の野球界にあって、この結果だけをもって「大成しない」と言い切るのは無理があるだろう。そこで過去20年間の甲子園優勝投手のその後から、ジンクスについて検証してみた。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る