「監督の親戚」乗り越え仲間支え

「監督の親戚」を乗り越え 裏方に徹した大垣日大・阪口

(朝日新聞) 08月13日 16:53

大垣日大―天理 九回表大垣日大1死一塁、代打で出場した阪口浩輝君は併殺に打ち取られ試合終了。一塁上で悔しがる=13日、阪神甲子園球場、細川卓撮影

大垣日大―天理 九回表大垣日大1死一塁、代打で出場した阪口浩輝君は併殺に打ち取られ試合終了。一塁上で悔しがる=13日、阪神甲子園球場、細川卓撮影

(朝日新聞)

(13日、高校野球 天理6―0大垣日大)

 3年ぶりに甲子園に臨んだ大垣日大(岐阜)。0―6で敗れたこの日の天理(奈良)戦で、最後の打席に立ったのは、「裏方」としてチームを支え続けた控えの3年生捕手だった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

スポーツ選手コラム

OCNからのおすすめ

セキュリティ最新事情

おすすめセキュリティサービス

OCNニュース関連コンテンツ