日本因縁の相手、コロンビア分析

コロンビア代表分析。攻守のバランスを崩さず、危険な攻撃を繰り出せるタレント軍団

(GOAL) 06月19日 11:45

コロンビア代表分析。攻守のバランスを崩さず、危険な攻撃を繰り出せるタレント軍団(写真:(C)Getty Images)

コロンビア代表分析。攻守のバランスを崩さず、危険な攻撃を繰り出せるタレント軍団(写真:(C)Getty Images)

(GOAL)

■緩やかな世代交代とぺケルマン監督の継続

コロンビアは日本代表が前回大会(2014年ブラジル)のグループリーグ3戦目で1-4と大敗した因縁の相手だ。日本は突破のためには勝ち点3が必要で、コロンビアはすでにグループリーグ突破を決め、出場選手の大半が控え組だった。おまけに当時の第2GKモンドラゴンに途中交代され、43歳カ月の最年長出場記録を作られるという屈辱的な敗戦でもあった。コロンビアはそこからべスト8に進出し、ブラジルと接戦の上1-2で敗退している。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る