井上尚弥112秒TKO「怒っていた」

井上尚弥の衝撃の112秒TKO3階級制覇の裏にあったテレビに映らないドラマ

(THE PAGE) 05月26日 05:00

最初のダウンは左ボディをめりこませて奪った(写真・山口裕朗)

最初のダウンは左ボディをめりこませて奪った(写真・山口裕朗)

(THE PAGE)

プロボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチが25日、東京の大田区総合体育館で4000人のファンを集めて行われ、挑戦者の井上尚弥(25、大橋)が王者のジェイミー・マクドネル(32、英国)を1回1分52秒TKOで倒して3階級制覇に成功した。井上はプロ16戦目で日本人最速の3階級王者となった。減量に苦しんだマクドネルは、当日に12キロも増量。井上との体重差は5キロあったが、そんなハンディをものともしない桁外れの強さで圧勝した。井上は、試合後、9月から始まる予定の世界最強賞金トーナメントWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)のバンタム級部門への出場を正式に表明した。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る