KO負けの前王者 重度の脳損傷

KO負けの世界ライトヘビー級前王者は「重度の脳損傷」、病院発表

(AFPBB News) 12月06日 09:49

ボクシング、WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ。オレクサンドル・グウォジク(左)からパンチを食らうアドニス・スティーブンソン(2018年12月1日撮影)。(c)MATHIEU BELANGER / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP

ボクシング、WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ。オレクサンドル・グウォジク(左)からパンチを食らうアドニス・スティーブンソン(2018年12月1日撮影)。(c)MATHIEU BELANGER / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP

(AFPBB News)

【AFP=時事】先日行われたボクシングのWBC世界ライトヘビー級タイトルマッチで対戦相手にノックアウトされたアドニス・スティーブンソン(カナダ)が「重度の外傷性脳損傷」を負い、依然として集中治療室に入っていることが分かった。担当医が5日、明かした。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

OCNからのおすすめ