修造 今の錦織は人生で一番いい

【松岡修造の目】“本当のタフさ”手に入れた圭 このプレーならGS勝てる!

(スポニチアネックス) 01月07日 07:54

ブリズベン国際を制した錦織(AP)

ブリズベン国際を制した錦織(AP)

(スポニチアネックス)

 ◇テニス・ブリズベン国際 男子シングルス決勝 ○錦織(6−4、3−6、6−2)メドベージェフ(2019年1月6日 オーストラリア・ブリズベン)

 この試合の圭は体力も問題なく、テニスの内容も技術的にも悪くなかった。第2セットも普通なら取れていたはずだ。それでも最終セットまでもつれたのは、決勝で勝てていないという気持ちが作用したのだろう。最大のポイントは最終セット第3ゲームの0―30から、エースを決めて30―30に追いついた場面。あそこでエースを狙いにいったことで、流れが完璧に変わった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る