快勝のジョコ 主審の判定に怒り

錦織に快勝も怒れるジョコビッチ 主審判定に「フェアじゃない」

(スポニチアネックス) 07月12日 08:07

4強入りを決め、試合後に錦織(右)と健闘を称え合うジョコビッチ(AP)

4強入りを決め、試合後に錦織(右)と健闘を称え合うジョコビッチ(AP)

(スポニチアネックス)

 ◇テニス・ウィンブルドン選手権男子シングルス準々決勝 錦織1―3ジョコビッチ(2018年7月11日 英ロンドン・オールドイングランド・クラブ)

 錦織を下して3年ぶりの準決勝進出を決めたジョコビッチは「第3セットの途中までは五分五分。そこからどうにかギアを上げて、いい形で試合を終わらせられた」と試合内容には満足げだった。長期欠場、右肘の手術を乗り越えての4強入りとあって「過去の自分をコピーはできない。でも今の自分のプレーレベルは悪くないと思っている」と世界1位にいた頃の自信を取り戻しつつある。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る