ラフプレー問題「真相究明」遠く

「真相究明」ほど遠く=関学大、日大に不信感―アメフット

(時事通信) 05月17日 21:06

【アメフト】悪質タックル 関学大が日大の対応を批判

【アメフト】悪質タックル 関学大が日大の対応を批判

(ABC NEWS 関西ニュース)

 大学アメリカンフットボール界を代表する両雄、関学大と日大。定期戦での日大選手のラフプレーが大きな波紋を広げ、長年にわたり互いを尊重し、しのぎを削ってきたライバル同士に亀裂が生じてきた。問題が明らかになった後、日大の内田監督が表に一切出てきていないことも、関学大が不信感を募らせる理由となっている。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る