全ろうの元高校球児、K―1で活躍

K−1戦士になった全ろうの元高校球児・郷州征宜 消えなかった甲子園での不完全燃焼の思い

(東スポWeb) 07月22日 11:00

【気になるアノ人を追跡調査!!野球探偵の備忘録(72)】深紅の大優勝旗が初めて津軽海峡を渡った2004年夏の甲子園。優勝校・駒大苫小牧との準決勝で代打適時打を記録した“全ろうの球児”は、その後活躍の場を格闘技に移して昨年、念願のタイトルを獲得した。耳の聞こえないK―1ファイター・郷州征宜が高校球児だったころのプロローグと、今なお挑戦を続ける理由を明かした。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る

スポーツ選手コラム

写真ニュースまとめ一覧を見る