バド棄権の米元、アキレス腱断裂

バド、米元は左アキレス腱断裂 世界選手権女子ダブルス負傷棄権

(共同通信) 2019/08/24 21:43

女子ダブルス準々決勝 永原、松本組との対戦中に左足首付近を負傷した米元(右)の様子を見る日本代表の朴柱奉ヘッドコーチ(中央)と田中=バーゼル(共同)

女子ダブルス準々決勝 永原、松本組との対戦中に左足首付近を負傷した米元(右)の様子を見る日本代表の朴柱奉ヘッドコーチ(中央)と田中=バーゼル(共同)

(共同通信)

 【バーゼル(スイス)共同】日本バドミントン協会は24日、世界選手権女子ダブルス準々決勝を負傷のため途中棄権していた米元小春(北都銀行)が左アキレス腱を断裂したと発表した。帰国後に精密検査を受けて今後の治療方針を検討するという。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る