奥川の降板は私のエゴ 星稜監督

星稜・奥川の降板は「私のエゴ」 監督が秘めた深い意味

(朝日新聞) 2019/08/13 19:13

星稜―立命館宇治 六回裏立命館宇治2死一、二塁、マウンドに上がる星稜の奥川。一塁手大高=小林一茂撮影

星稜―立命館宇治 六回裏立命館宇治2死一、二塁、マウンドに上がる星稜の奥川。一塁手大高=小林一茂撮影

(朝日新聞)

(13日、高校野球 星稜6−3立命館宇治)

 少し不可解な継投に見えた。星稜の林和成監督は九回、マウンドに左腕の寺沢を送り、奥川を右翼にまわした。リードは3点。六回のピンチで送り込んだ絶対的エースを、安全圏とはいえない状況で降板させた理由とは何なのか。試合後、林監督は言った。「私のエゴです」

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

第101回全国高校野球選手権大会 8月22日(木)の試合

写真ニュースまとめ一覧を見る