楽天石井監督に厳しい視線 なぜ

V逸の楽天・石井一久監督 2年ぶりCS進出もファンの「視線が厳しい」理由とは

(AERA dot.) 2021/10/22 10:00

石井一久GM兼監督(C)朝日新聞社

石井一久GM兼監督(C)朝日新聞社

(AERA dot.)

 楽天が19日のオリックス戦で3−6と敗れ、リーグ優勝の可能性が完全消滅した。

 今季から石井一久GM兼監督が就任。2013年以来8年ぶりのリーグ優勝に向け、開幕前は前評判が高かった。日米通算177勝の田中将大が復帰し、アマ球界№1左腕の呼び声高い早大・早川隆久を4球団競合の末にドラフト1位で獲得に成功。昨季最多勝の涌井秀章、岸孝之、則本昂大とエース級が並ぶ先発陣は「黄金のローテーション」と形容された。だが、シーズンに入ると思うような戦いができない。涌井は状態が上がらずファーム落ちを経験。6勝8敗、防御率5.10で10月に1軍昇格後は救援で起用されている。田中も好投しているが打線の援護に恵まれない登板が多く4勝8敗、防御率3.11。打線も新外国人のディクソン、カスティーヨが機能せず迫力不足が否めない。爆発力がなく、シーズン終盤の優勝争いに絡めなかった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る