日本人柔道家の気遣いに海外称賛

日本人柔道家に海外感涙 負傷敗者にとった“一流の気遣い”に「泣いてなんかないさ」

(THE ANSWER) 2021/06/13 16:33

決勝で冨田若春と対戦した朝比奈沙羅(左)【写真:Getty Images】

決勝で冨田若春と対戦した朝比奈沙羅(左)【写真:Getty Images】

(THE ANSWER)

女子78キロ超級決勝は日本人対決、歩けない敗者に勝者がとった行動とは

 東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外から称賛を浴びている。ブダペストで開催中の柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝った朝比奈沙羅(ビッグツリー)が負傷で歩けない敗者の冨田若春(コマツ)をおんぶして畳をおりた。国際柔道連盟公式ツイッターが動画を公開すると、海外ファンから「見習うべき模範」と絶賛されている。

続きを読む

東京五輪2020 8月1日の注目競技

時間 競技 種別 選手名

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る