大谷の相棒が苦悩明かす「酷い」

【MLB】大谷翔平の相棒が明かした苦悩「酷い」 打率.180大不振でも監督代行が評価するワケ

(Full-Count) 2022/09/22 21:49

エンゼルスの大谷翔平(左)とマックス・スタッシー【写真:Getty Images】

エンゼルスの大谷翔平(左)とマックス・スタッシー【写真:Getty Images】

(Full-Count)

スタッシーは大谷が登板した25試合の内23試合でマスクを被る

 エンゼルス大谷翔平投手はここまで25登板で13勝8敗、防御率2.43、196奪三振をマーク。148回を投げており、メジャー初の規定投球回到達まであと14イニングとしている。進撃の右腕を支えるのがマックス・スタッシー捕手。31歳の相棒は大谷の25登板の内、23試合でマスクを被る。今季は極度の打撃不振に陥っているが、フィル・ネビン監督代行は「ショウヘイの球を受ける中で目を見張る仕事をしているのは明らか。若手投手たちともうまく連係が取れている」と変わらぬ信頼を口にしている。(成績は日本時間22日時点)

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

OCNからのおすすめ