世界体操 床運動で南一輝が銀

世界体操、21歳南一輝が床運動銀メダル 初出場スペシャリスト、金に0.034点差で健闘

(THE ANSWER) 2021/10/23 16:43

銀メダルを獲得し、五輪代表落ちの雪辱を果たした南一輝【写真:Getty Images】

銀メダルを獲得し、五輪代表落ちの雪辱を果たした南一輝【写真:Getty Images】

(THE ANSWER)

世界体操

 体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点で銀メダルとなった。東京五輪は出られなかった床運動のスペシャリストは、世界体操初出場。24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)は同14.533点で6位だった。ニコラ・バルトリーニ(イタリア)が14.800点で金メダル、エミル・ソラブオ(フィンランド)が14.700点で銅メダルだった。

続きを読む

新着トピックス一覧

スポーツのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る