16日のニュース(8件)

猛暑続く 38度予想の地点複数

東京・練馬で36・3度、猛暑日186地点に

(読売新聞) 18:09

海の日×猛暑 熱中症や水の事故に注意

海の日×猛暑 熱中症や水の事故に注意

(ウェザーニューズ)

 日本列島は16日も、朝から全国の広い範囲で気温が上昇している。気象庁によると、午前7時40分現在、福島県浪江町で31・5度、埼玉県越谷市で30・8度、京都府中京区で30・7度、東京都練馬区で30・7度、東京都大田区で30・6度など、すでに各地で30度を上回った。気象庁はこまめな水分補給や、多量に汗をかいた際の塩分補給、適切な冷房利用で室温に留意することなど、熱中症対策を呼びかけている。

続きを読む

羽田空港のB滑走路、運用を再開

羽田空港 補修作業の滑走路 運用再開

(NHKニュース&スポーツ) 17:01

国土交通省東京空港事務所によりますと、羽田空港で、4本ある滑走路のうち、B滑走路で穴が開いているのが確認されたため、この滑走路を閉鎖して補修作業を行っていましたが、午後4時36分に運用を再開しました。

豪雨の死者219人に 避難者4800人

西日本豪雨、死者219人 避難者4800人

(共同通信) 13:31

災害ゴミを撤去する自衛隊の重機=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月13日午前10時、平川義之撮影

災害ゴミを撤去する自衛隊の重機=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月13日午前10時、平川義之撮影

(毎日新聞)

 警察庁は16日、西日本豪雨の被災地での死者が14府県の219人に上ったと発表した。共同通信のまとめでは、依然として1府4県で21人が安否不明となっており、甚大な被害が出た岡山県や広島県などでは安否不明者の捜索が続いた。

続きを読む

船底調査中の66歳潜水士が死亡

定期船の船底調査中、66歳の潜水士が死亡

(読売新聞) 13:29

 16日午前8時25分頃、愛知県南知多町師崎の師崎港で、定期船の船底を潜水調査していた同県半田市花園町、潜水士沢山秀一さん(66)が海面に浮いているのを同僚の潜水士が発見した。沢山さんは病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

続きを読む

災害ごみ山積み 疲労もピークに

ごみ仮置き場限界に 分別負担や悪臭などが課題 愛媛豪雨災害

(愛媛新聞ONLINE) 10:36

災害ごみがあふれ、封鎖となった宇和島市吉田地区の駐車場を見つめる市職員=15日午後、宇和島市吉田町鶴間新

災害ごみがあふれ、封鎖となった宇和島市吉田地区の駐車場を見つめる市職員=15日午後、宇和島市吉田町鶴間新

(愛媛新聞ONLINE)

 冷蔵庫、いす、衣服…。広い範囲で浸水被害を受けた愛媛県南予の被災地の仮置き場には、住宅などの片付けで出たごみが次々に運び込まれ、山積みになっている。最終処分場への搬出が進まない中、悪臭などの課題が浮上。作業する人の体力の限界も近づいている。

続きを読む

ピークは夕方か、高速道渋滞予想

3連休最終日 高速道路、渋滞ピークは夕方

(日テレNEWS24) 04:16

3連休の最終日。高速道路は上りで渋滞が予想され、ピークは夕方ごろになる見込みだ。日本道路交通情報センターによる主な渋滞予想は次の通り。

続きを読む
写真ニュースまとめ一覧を見る