28日のニュース(7件)

亀の甲羅で1年間を占う 対馬

対馬 サンゾーロー祭 亀の甲羅で1年占う

(長崎新聞) 14:59

長崎新聞

長崎新聞

(長崎新聞)

 対馬市厳原町豆酘(つつ)の雷(いかづち)神社で27日、亀の甲羅を熱して対馬の1年間を占う亀卜(きぼく)神事「サンゾーロー祭」があった。今年の豆酘地区は安泰という意味の「安」、対馬全体については「水産業 不漁」「経済 並」「農業 上々」「天災 有」という結果が示された。

続きを読む

上杉謙信の愛刀 5億円で購入へ

上杉謙信の愛刀、5億円で購入へ 寄付集まる 瀬戸内市

(朝日新聞) 11:30

「丁子乱れ」と呼ばれる刃文が特徴の国宝の備前刀「山鳥毛」=2019年10月7日午後2時12分、岡山県瀬戸内市、雨宮徹撮影

「丁子乱れ」と呼ばれる刃文が特徴の国宝の備前刀「山鳥毛」=2019年10月7日午後2時12分、岡山県瀬戸内市、雨宮徹撮影

(朝日新聞)

 岡山県瀬戸内市は27日、戦国武将・上杉謙信が愛用したとされる国宝の備前刀「太刀 無銘一文字(むめいいちもんじ)」(愛称・山鳥毛(さんちょうもう))の購入費として募っていた寄付が、目標の5億1309万円を超えたと発表した。市は所有者と2月中にも仮契約を結び、議会の議決を経て買い取る見通しという。

続きを読む

「地吹雪体験」実施も吹雪なく

台湾からのツアー客 暖冬の「地吹雪体験」

(東奥日報) 11:00

東奥日報

東奥日報

(東奥日報)

 青森県五所川原市金木町で27日、冬季恒例の「地吹雪体験」が始まった。今年は例年にない暖冬で、吹雪はおろか日差しがのぞく期待外れの天候となったが、雪になじみのない台湾からのツアー客がかんじきをつけて雪の上を歩くなどして雪国気分を味わった。

続きを読む

拒食症克服 夢追いイラク赴任へ

拒食症乗り越え、沖縄出身36歳が国連開発計画イラク事務所へ 格差なき世界へ挑む

(沖縄タイムス) 07:50

沖縄タイムス

沖縄タイムス

(沖縄タイムス)

 浦添市出身の鶴渕(つるぶち)鉄平さん(36)が28日、国連開発計画(UNDP)直属の開発コンサルタントとして赴任するイラクへ出発する。中学時代は拒食症を患って登校できずに卒業したが、恩師や家族に支えられて克服し、途上国支援に携わってきた。「どこで生きようと、不公平な苦しみを誰もが背負わなくていい未来をつくりたい」と、当時からの夢を追い続ける。(社会部・新垣玲央)

続きを読む

大分市 武漢にマスク3万枚送る

武漢にマスク3万枚送る 大分市が友好都市支援 新型肺炎対策

(西日本新聞) 06:00

武漢にマスク3万枚送る 大分市が友好都市支援 新型肺炎対策

武漢にマスク3万枚送る 大分市が友好都市支援 新型肺炎対策

(西日本新聞)

 大分市は27日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している中国・武漢市に、マスク3万枚を送った。両市は友好都市で、市担当者は「少しでも役に立てればうれしい」と話している。

続きを読む

生き別れた友人、沖縄で捜す89歳

「また明日ね」と別れて75年 キクちゃん、達ちゃん今どこに… 89歳女性、同級生を捜す旅

(沖縄タイムス) 05:00

沖縄タイムス

沖縄タイムス

(沖縄タイムス)

 那覇市垣花町出身で大阪府寝屋川市に住む加藤(旧姓・安次嶺)初子さん(89)が戦争で生き別れた友人を捜すため、25日から沖縄を訪れている。戦時中、初子さんは一家で大分県に疎開するため1945年2月に沖縄を離れた。「もしも生きているのなら今すぐにでも会いたい」と、一日も早い再会を願っている。(那覇担当・比嘉桃乃)

続きを読む

OCNからのおすすめ