今日の国際・科学ニュース

26日のニュース(7件)

南北首脳、板門店で2度目の会談

南北首脳、板門店で再び会談 米朝会談へ韓国頼ったか

(朝日新聞) 20:59

26日午後、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で抱き合う金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領。両首脳の会談は2回目で、4月27日の初会談以来1カ月ぶり(韓国大統領府提供)【時事通信社】

26日午後、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で抱き合う金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領。両首脳の会談は2回目で、4月27日の初会談以来1カ月ぶり(韓国大統領府提供)【時事通信社】

(時事通信)

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は26日、軍事境界線上にある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で予告なしに会談した。韓国大統領府が同日、発表した。両首脳の会談は4月27日以来2回目。調整が難航する米朝首脳会談の実現に向けて意見交換したとみられる。

続きを読む

CO2増加 コメの栄養低下招く恐れ

CO2増加でコメの栄養低下 途上国、発育不足の恐れ

(共同通信) 18:32

イネの栽培実験をした茨城県つくばみらい市の農場。パイプで囲み、二酸化炭素を供給して濃度を調整する(農業・食品産業技術総合研究機構提供)

イネの栽培実験をした茨城県つくばみらい市の農場。パイプで囲み、二酸化炭素を供給して濃度を調整する(農業・食品産業技術総合研究機構提供)

(共同通信)

 地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出がこのまま続いて大気中濃度が上がると、今世紀後半にはコメに含まれるミネラルやビタミンなどの栄養素が大幅に減るとの研究結果を、東京大などの国際チームが26日までにまとめた。

続きを読む

世界最長の柵で在来生物保護 豪

ネコなどから在来生物を守れ、世界最長の柵を設置 豪

(AFPBB News) 16:17

オーストラリア北部特別地域(準州)で撮影された野生化したネコ。チャールズ・ダーウィン大学公開(2010年11月撮影、14年6月4日提供、資料写真)。(c)AFP PHOTO / CHARLES DARWIN UNIVERSITY / HO

オーストラリア北部特別地域(準州)で撮影された野生化したネコ。チャールズ・ダーウィン大学公開(2010年11月撮影、14年6月4日提供、資料写真)。(c)AFP PHOTO / CHARLES DARWIN UNIVERSITY / HO

(AFPBB News)

【AFP=時事】オーストラリア野生動物保護委員会は、在来の野生の動植物をネコなどの捕食動物による被害から守るため、世界最長とされる柵を中部の広大な地域に設置した。

続きを読む

米朝会談可能性 韓国政府が歓迎

米朝首脳会談「残り火が再び燃え始めた」、韓国政府が歓迎

(AFPBB News) 10:55

米国のドナルド・トランプ大統領(左、2018年5月22日撮影)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右、2018年5月9日撮影、同月10日朝鮮中央通信が配信)。(c)AFP PHOTO AND KCNA VIA KNS / Brendan Smialowski AND KCNA

米国のドナルド・トランプ大統領(左、2018年5月22日撮影)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(右、2018年5月9日撮影、同月10日朝鮮中央通信が配信)。(c)AFP PHOTO AND KCNA VIA KNS / Brendan Smialowski AND KCNA

(AFPBB News)

【AFP=時事】韓国大統領府(青瓦台)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は26日、ドナルド・トランプ米大統領がいったんは中止を発表した米朝首脳会談が開催される可能性が出てきたことについて、米朝首脳会談の「残り火が再び燃え始めたのは幸いなことだと思っている」と歓迎し、進展を注意深く見守っていると述べた。【翻訳編集】AFPBB News

米で乱射 教師が機転のタックル

米で銃乱射、アメフト経験教師が機転のタックル

(読売新聞) 10:35

 米中西部インディアナ州インディアナポリス近郊の中学校で25日、生徒が教室内に銃を持ち込み、授業中にいきなり乱射した。

続きを読む

衝突事故の米元艦長 有罪認める

米の元イージス艦長、有罪認める 衝突事故の軍法会議

(共同通信) 10:21

米イージス駆逐艦ジョン・S・マケインが21日、マラッカ海峡でタンカーと衝突し損傷、乗組員10人が不明。同日、自力航行でシンガポールの海軍基地へ(ロイター=共同)

米イージス駆逐艦ジョン・S・マケインが21日、マラッカ海峡でタンカーと衝突し損傷、乗組員10人が不明。同日、自力航行でシンガポールの海軍基地へ(ロイター=共同)

(共同通信)

 【ワシントン共同】昨年8月に米第7艦隊(神奈川県横須賀市)所属のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインがマラッカ海峡沖でタンカーと衝突した事故の軍法会議が25日、首都ワシントンで開かれ、当時の艦長アルフレド・サンチェス被告が職務怠慢で有罪を認めた。司法取引が成立し、給与から計6千ドル(約66万円)が没収され、軍を引退する。

続きを読む

露大統領、任期後に首相再就任か

プーチン氏、大統領任期満了後の首相再就任を示唆

(AFPBB News) 05:30

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムに際し、各国報道機関の代表らと会談するウラジーミル・プーチン大統領(2018年5月25日撮影)。(c)AFP PHOTO / SPUTNIK / Mikhail KLIMENTYEV

ロシアのサンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォーラムに際し、各国報道機関の代表らと会談するウラジーミル・プーチン大統領(2018年5月25日撮影)。(c)AFP PHOTO / SPUTNIK / Mikhail KLIMENTYEV

(AFPBB News)

【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は25日、2024年の大統領任期満了に伴い、首相として権力の座に就く可能性があることを示唆した。プーチン氏は2008年の大統領任期満了時にも首相に就任した。

続きを読む
写真ニュースまとめ一覧を見る