ゾイド12年ぶり復活 好調の裏側

ゾイド:12年ぶり復活の裏側 原点回帰と進化

(MANTANWEB) 08月19日 09:00

「ゾイドワイルド」を手がけるタカラトミーのボーイズ事業部の平位俊雄さん(左)と片山周さん

「ゾイドワイルド」を手がけるタカラトミーのボーイズ事業部の平位俊雄さん(左)と片山周さん

(MANTANWEB)

 タカラトミーの人気玩具「ゾイド」の新シリーズ「ゾイドワイルド」が好調だ。「ゾイド」は累計出荷4400万個以上、累計売り上げ830億円以上の人気玩具。1983〜91年の第1期、99〜2006年の第2期に続く、約12年ぶりの新シリーズだ。第1弾が6月に発売され、タカラトミーの担当者によると、売り上げは「目標を大きく上回っている」という。同社のボーイズ事業部の平位俊雄さん、片山周さんに、復活の裏側、新シリーズの進化について聞いた。

続きを読む

新着トピックス一覧

トレンドのトピックス

マイニュース

マイニュースをもっと見る
写真ニュースまとめ一覧を見る