ランドセル パーソナル化時代に

早まるランドセル市場 2018年の「ラン活」傾向とは?

(dot.) 04月18日 11:30

ROBO GARAGE、ULTRASEVEN/コラボレーションデザインのランドセルも注目株。ロボットクリエイター・高橋智隆氏と共同開発のROBO GARAGEはモバイルケース付きでIT世代に対応。88560円。ウルトラセブンのボディーカラーなどを落とし込んだULTRASEVENは近未来的なテクスチャーも魅力。103680円。ともにタカシマヤ (c)円谷プロ(撮影/小渕真希子)

ROBO GARAGE、ULTRASEVEN/コラボレーションデザインのランドセルも注目株。ロボットクリエイター・高橋智隆氏と共同開発のROBO GARAGEはモバイルケース付きでIT世代に対応。88560円。ウルトラセブンのボディーカラーなどを落とし込んだULTRASEVENは近未来的なテクスチャーも魅力。103680円。ともにタカシマヤ (c)円谷プロ(撮影/小渕真希子)

(dot.)

 デザイン、色、形、素材、機能性。ランドセルはいまや、非常に幅広いラインアップから個人の好みに合わせ選べる時代となった。さらに、お目当てのランドセルを確保すべくリサーチ、試着などを積極的に行う、「ラン活」という言葉も昨年生まれた。しかし、なかには人気が集中し、望んだ商品が手に入りにくいというケースも。どうすれば、「これ!」という一品に出会えるのだろうか?

続きを読む

新着トピックス一覧

トレンドのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る