gooニュースアプリなら速い、見やすい

藤井七段、史上初3年連続勝率8割

藤井聡太七段、史上初の3年連続勝率8割確定「そういう結果を残せたのは良かった」

(スポニチアネックス) 2020/03/24 20:10

稲葉陽八段(右)に勝ち、史上初の3年連続勝率8割を確定させた藤井聡太七段

稲葉陽八段(右)に勝ち、史上初の3年連続勝率8割を確定させた藤井聡太七段

(スポニチアネックス)

 将棋の藤井聡太七段(17)が24日、大阪市の関西将棋会館で第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組の対局に臨み、稲葉陽八段(31)に129手で勝った。藤井の今年度成績は52勝12敗(未放映のテレビ対局を含む)。年度内の対局は31日の棋聖戦決勝トーナメントの菅井竜也八段戦を残すのみで、その菅井戦に敗れても勝率はちょうど8割。藤井は一昨年度から毎年8割を超えており、史上初の3年連続が確定した。「そのことは意識してなかった。一局一局全力を尽くしてきた。そういう結果を残せたのは良かった」。対局後、藤井は淡々と語った。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る