コンビニ弁当「底上げ疑惑」検証

コンビニ弁当の容器 「実際の容量」と「見た目の体積」を比較検証

(マネーポストWEB) 2021/04/25 15:00

セブン-イレブン『レモン塩だれのねぎ豚カルビ弁当(麦飯)』の容器(上)、ローソン『ねぎ塩豚カルビ弁当(もち麦入りご飯)』の容器(左下)、ファミリーマート『『炙り焼三元豚のねぎ塩カルビ重(麦飯)』の容器(右下)

セブン-イレブン『レモン塩だれのねぎ豚カルビ弁当(麦飯)』の容器(上)、ローソン『ねぎ塩豚カルビ弁当(もち麦入りご飯)』の容器(左下)、ファミリーマート『『炙り焼三元豚のねぎ塩カルビ重(麦飯)』の容器(右下)

(マネーポストWEB)

 近頃、ネット上でしばしば話題になるのが、コンビニ弁当の“底上げ疑惑”だ。コンビニで販売されている弁当の容器の底の部分が、見た目よりも高くなっており、その分だけ容量が少なくなっているのではないかと囁かれているのだ。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る