坂口安吾 幻の探偵小説を発見

坂口安吾、幻の探偵小説を発見 全集未収録、文芸誌掲載へ

(共同通信) 2022/12/06 16:15

坂口安吾

坂口安吾

(共同通信)

 「堕落論」「白痴」などで知られる作家坂口安吾(1906~55年)がデビュー間もない20代半ばに執筆した「探偵小説」が見つかったことが6日分かった。戦前のタブロイド紙に発表していたが、全集などには未収録で、長らくその存在は知られていなかった。識者は「全くの新資料」と説明。7日発売の文芸誌「新潮」に掲載される。

続きを読む

いまトピランキング

powered by いまトピランキング

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る