高値で売買メダカブーム 弊害も

メダカブーム到来で希少品種ワンペア20万〜30万円も 高まる人気の中、盗難や詐欺被害に注意

(AERA dot.) 2021/05/15 08:00

希少な新品種ほど高額になる。写真は、「花小屋」オリジナル最新品種。体色に赤みや黄色みがあり、体外光ラメが出る。1ペア7万円也(写真:花小屋提供)

希少な新品種ほど高額になる。写真は、「花小屋」オリジナル最新品種。体色に赤みや黄色みがあり、体外光ラメが出る。1ペア7万円也(写真:花小屋提供)

(AERA dot.)

 メダカといえば、近所の小川をちょろちょろと……。というのは昔の話。今や「泳ぐ宝石」と言われ、高値で売買されている。その弊害も出てきた。AERA2021年5月17日号の記事を紹介する。

続きを読む

新着トピックス一覧

ライフのトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る