コンゴ隣国ウガンダでエボラ確認

ウガンダでエボラ出血熱感染確認 流行の隣国コンゴから拡大

(共同通信) 2019/06/12 09:08

 【ナイロビ共同】世界保健機関(WHO)は11日、コンゴ(旧ザイール)東部の北キブ州とイトゥリ州で流行するエボラ出血熱について、隣国ウガンダで感染者が確認されたと発表した。5歳児で、コンゴから国境を越え入国したばかりだった。昨年8月に流行が始まって以降、他国で感染者が見つかるのは初めて。

続きを読む

新着トピックス一覧

国際・科学のトピックス

写真ニュースまとめ一覧を見る